誰にでもできる得をする、損をしないための車の査定対策

カーチスの特徴と顧客満足度

 

カーチスの特色は、顧客満足度だと思います。
この車買取の業者は、自社サイトにて顧客満足度の高さを大きくアピールしています。
ところでその顧客満足度というのは、一括査定サイトにも関係しているそうなのです。
カーチスという業者は、複数の一括査定サイトに登録しています。

 

例えば、ズバットという一括査定サイトがありますね。
ネットで車買取の情報を調べていると、しばしば見かける一括査定サイトの名前の1つです。

 

ズバットでは随時ランキングを公開しているのです。

カーチスは、そのランキングにて8年連続1位だったそうなのです。

 

ところでズバットに登録をしている車買取の
業者の数は、かなり多いです。
数十社以上がそこに登録しているのですが、
その中で1位になったのはカーチスが
優良な業者である事の証明だと思います。

 

またズバットだけでなく、車買取比較.comというサイトもあります。
そこも一括査定ができるサイトなのですが、そこでも8年連続1位を記録しているのだそうです。
ちなみに車買取比較.comの場合は、150社以上が登録しているのだそうです。

 

上記のズバットよりも多いですが、その中で1位になっている訳です。
2つのサイトでそれだけの年数の1位を記録できるのは、やはりすごい事だと思います。
それだけ多くの方々が、この会社が提供している
サービス内容に満足しているのではないでしょうか。

 

そうでないと、8年連続という記録は達成できないと思います。
ちなみにカーチスとしては、それでもまだ満足はしないようです。

 

 

 

サービスの内容をさらに向上させるべく、
色々と頑張っていくと自社サイトにてアピールしています。
ですので今後も満足度の高さを維持するよう、
カーチスは色々と頑張っていくのかなと思います。


 

顧客が車を売却する時には、スピードが大事になる場合があります。なるべく速やかに売却をする方が、高く売れる事も多いのですね。
車の金額は刻一刻と変動します。時期が経過してしまえば、その分金額ダウンが発生する事も多いのです。

 

ところで車の売り手によっては、12月に車売却を検討している場合があります。そのような時には、ちょっと注意を要しますね。基本的には、なるべく速やかに売却をする方が良いです。

 

12月が終わって1月になってしまいますと、年式が加算されてしまうのです。9年落ちの車が、10年落ちになってしまう訳ですね。
1年プラスされると、もちろんそれは売却金額にも反映されます。年式は車の売却額を、大きく左右するポイントだからです。特に上記の10年落ちの車などは、売却額がかなり厳しくなる事もあるのですが。

 

では具体的にはどの程度ダウンするかというと、極端に下がる訳ではありません。数万円前後でしょうか。さすがに数十万円も金額がダウンするような事は、極めて稀です。
http://xn--nbk8b2czc4c550wuqiba0612k.com/

 

しかし年式が1年プラスされてしまうのは、ちょっと損した気持ちになりますね。翌年の1月以降に売却するとなると、査定額が厳しくなる可能性は確かにあります。まして上記のような10年落ちの車などは、ちょっと注意を要するのですが。

 

年末というのは、誰しもが忙しい時期ではあります。忙しいのでなかなか車を手放す時間を割くことができないかもしれませんが、ちょっとこの時期だけは売却を急いだ方が良いと思いますね。

 

まして年末はボーナスのシーズンでもあります。その時期が過ぎてしまえば、車の売却額が下がってしまう可能性もあります。基本的に年末は、なるべく速やかに車を売却する方が良いと思いますね。

続きを読む≫ 2015/01/02 21:51:02

私の友人は、ある静岡の車買取の業者に査定を依頼したようです。そして、そこに車を売却したようですね。
かねてから友人は、新しい車に買い換えようと考えていたようです。その際に、なるべく信頼できる業者に依頼しようと考えていたようですね。そのために、ネットで色々な情報を調べていたのだそうです。

 

ある時に友人は、ある静岡の業者は信頼できそうに思いました。その業者は、車買取の業者による団体に加入しているのです。優良な業者でないと加入できない団体だけに、その静岡の業者は信頼できると思ったようですね。

 

そこで友人は、その業者に連絡をしました。そして友人の所まで、出張に来てもらうようにしたのだそうです。
ただその業者の場合は、車が綺麗かどうか等は重視されるところだったようです。業者に対して好印象を与えておきたいと考えていた友人は、査定の前に車の清掃を頑張ったようですね。

 

そして迎えた当日、その業者の方が友人の元に来てくれました。業者の方は、とても丁寧に友人の車を見てくれたようですね。マナーなどもしっかりしている方だったので、好感を覚えたようです。ネットで調べた通り、とても信頼できそうな業者だと思ったようですね。

 

その業者から査定額が提示されましたが、友人はその金額には満足したのだそうです。というのも以前に友人は、ディーラー店で査定を受けていました。その時に提示された金額に比べると、満足の行くものだったからです。

 

友人は、その業者に売却をする事にしました。すでに書類なども用意していたので、支払い手続きなどは非常にスムーズだったようです。当日その後で、現金で支払われたようですね。
かくして友人は、ある静岡の業者に車を売りました。良い業者に車をできて良かったと、知人は嬉しそうに話していたのが印象的でした。
アルファード 買取

続きを読む≫ 2014/11/24 23:52:24

JCMという業者は、海外に赴任する方の為に車買取を行ってくれます。そしてJCMに車を売却する時には、ちょっと特殊な書面が必要になる場合があります。サイン証明書です。

 

そもそも車の売却をする方によっては、かなり状況が複雑な方もいらっしゃいます。例えば車の名義人が、すでに海外渡航しているような時ですね。車を使っているのは日本にいるAさんですが、名義人のBさんはすでに海外に居るというケースです。

 

このような時には、サイン証明書を買取業者に提出するのが一般的です。日本国内の業者ではあまり聞き慣れない書面ですが、比較的簡単に発行してもらう事ができます。

 

上記のようなケースの場合、BさんからAさんに名義変更を行うという手段もあります。しかしそれには、Aさんによる税金支払いや手続きの煩雑さなどのデメリットがありますね。それよりもサイン証明書の方が、比較的手軽になります。ですのでJCMとしても、サイン証明書を推奨しています。

 

なおサイン証明書を取得する為には、事前にいくつかの書面を用意しておく必要もあります。パスポートや委任状や譲渡証などの書面ですね。Bさんはそれを持って、現地の大使館に足を運びます。そして現地の担当者の前で書面の記入を行って、日本でJCMに提示するという流れになります。
ラパン 買取

 

日本の他の車買取の業者では、まず見られない流れですね。JCMの特徴の1つです。

 

ただこの時に1つ気をつけるべきなのが、車種によって色々とパターンが異なってくるケースもあるのだそうです。車種Cは書面Dが必要で、車種Eは書面Fが必要といった具合です。ケースにより必要な書類も色々ですので、まず書類を所得する前にJCMに連絡をする方が無難でしょう。連絡をすれば、適切な書類を伝えてくれるからです。

続きを読む≫ 2014/11/08 23:03:08

車の一括査定サイトは、そこに参加している買取業者にとってもメリットが大きいと思います。

 

例えば、販路拡大のメリットがありますね。実店舗のみで営業しているとなると、エリアが限定されてしまう場合があります。あくまでも地元客のみしか集客できないので、販路がやや狭まってしまう一面がある訳です。しかし一括サイトであれば、全国の様々な方々からの依頼を受ける事ができますね。販路拡大とはそのような意味です。

 

ただ一括サイトには、デメリットもあります。掲載費用が必要になる点です。
そもそも業者が一括サイトを利用するのであれば、必ず費用が発生する事になります。無料ではありません。そしてその費用は、月額制が導入されている事も多々あります。つまり成約に至らなくても費用がかかってしまう事がある訳ですね。

 

ところで一括査定サイトの1つに、査定バンクという所があります。もしも上記のように月額制というシステムにデメリットを感じているのであれば、査定バンクはメリットが大きいかと思います。

 

というのも査定バンクの場合は、月額制ではありません。成果報酬型となっているのです。
例えば顧客の車のデータを見て入札をする時には、数百円の料金を支払うことになります。また査定バンクには成果報酬があって、成約額に対する数%の報酬を支払うことになります。かかる費用は、その2つだけですね。いわゆる月額費用がありません。

 

ですので仮に査定バンクを利用して成果が発生しなくても、入札費用以外の料金はかからないという事になります。そもそも入札をしなければ、ゼロ円で利用できるのですが。

 

そして査定バンクは、車を売りたい顧客にとってもメリットが大きなシステムですね。個人情報の開示が無いのは、顧客にとっては嬉しいシステムだと思います。顧客側にも買取業者側にもメリットがあるシステムと言えます。

続きを読む≫ 2014/11/01 14:45:01

買取業者が買い取っている物の中には、比較的高いものがあります。例えば、車は明らかに高いですね。買取業者の公式サイトなどを見てみると、100万円程度で売却が成立している事もあります。

 

それと不動産物件も、かなり高いです。もともとの販売価格がかなり高いだけに、売却金額も高めになる傾向がありますね。不動産買取では、1000万円を超えるような事例もあります。ですので不動産と自動車という2つは、どちらも高いものを売却しているという意味では共通しています。

 

ちなみにその2つは、査定の共通要素も多いですね。どちらも「新品に近い状態か否か」が重視される事が多いです。
しかし両者には、ちょっとした違いもあります。クリーニングの必要性です。

 

実は不動産物件というのは、クリーニングをした方が良い一面があるのです。いわゆるハウスクリーニングですね。
なぜハウスクリーニングをする方が良いかというと、その方が新品に近くなるからです。住宅物件が綺麗な状態になりますので、売却金額も高めになる傾向があります。
ちなみにハウスクリーニングは、確かに費用はかかります。しかし査定額のアップによって、そのハウスクリーニングの費用をカバーできるケースが多いそうです。
では車の買取の場合はクリーニングは必要かというと、不要です。というよりも、クリーニングをしない方が良いです。

 

車のクリーニング業者は、もちろん費用がかかります。査定金額のアップによってその費用をカバーできるかというと、ちょっとそれは困難ですね。ですので車の買取では、クリーニングの業者に依頼をしない方が好ましいと言われています。業者に依頼をするというより、自力でクリーニングを行う方が良いでしょう。その点は、不動産の売却とは異なる訳ですね。

続きを読む≫ 2014/11/01 00:49:01