JCMによる車買取でサイン証明書が必要な事も

JCMによる車買取でサイン証明書が必要な事も

JCMという業者は、海外に赴任する方の為に車買取を行ってくれます。そしてJCMに車を売却する時には、ちょっと特殊な書面が必要になる場合があります。サイン証明書です。

 

そもそも車の売却をする方によっては、かなり状況が複雑な方もいらっしゃいます。例えば車の名義人が、すでに海外渡航しているような時ですね。車を使っているのは日本にいるAさんですが、名義人のBさんはすでに海外に居るというケースです。

 

このような時には、サイン証明書を買取業者に提出するのが一般的です。日本国内の業者ではあまり聞き慣れない書面ですが、比較的簡単に発行してもらう事ができます。

 

上記のようなケースの場合、BさんからAさんに名義変更を行うという手段もあります。しかしそれには、Aさんによる税金支払いや手続きの煩雑さなどのデメリットがありますね。それよりもサイン証明書の方が、比較的手軽になります。ですのでJCMとしても、サイン証明書を推奨しています。

 

なおサイン証明書を取得する為には、事前にいくつかの書面を用意しておく必要もあります。パスポートや委任状や譲渡証などの書面ですね。Bさんはそれを持って、現地の大使館に足を運びます。そして現地の担当者の前で書面の記入を行って、日本でJCMに提示するという流れになります。
ラパン 買取

 

日本の他の車買取の業者では、まず見られない流れですね。JCMの特徴の1つです。

 

ただこの時に1つ気をつけるべきなのが、車種によって色々とパターンが異なってくるケースもあるのだそうです。車種Cは書面Dが必要で、車種Eは書面Fが必要といった具合です。ケースにより必要な書類も色々ですので、まず書類を所得する前にJCMに連絡をする方が無難でしょう。連絡をすれば、適切な書類を伝えてくれるからです。